米国:Arch Coal社、株式上場を再開

掲載日:2016年10月13日

10月5日、連邦倒産法第11章に基づき経営再建を目指していた米石炭大手のArch Coal社は、再建計画に基づく債務返済義務を完遂し、ニューヨーク証券取引所へ株式を再上場したことを発表した。

同社は、2016年1月に連邦倒産法第11章の申立てを行い、再建型倒産処理手続中であったが、最近の石炭価格の上昇を背景に再建計画は非常に迅速に完了した。発表によれば、現在の同社の純資産は負債363百万米ドルに対して300百万米ドルにまで増加しており、負債総額は倒産前の7%に減少した。また、再建計画の実施によって生じる債務の100%を保証する第三者による保証証券を有していることを明らかにしている。

(バンクーバー事務所 杉崎 真幸)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ