豪州:QLD州首相が訪印し、Adani社と会談

掲載日:2017年3月23日

3月18日付のQLD州政府の発表によれば、同州のAnnastacia Palaszczuk首相は11日間に及ぶシンガポール、英国及びインドの3か国歴訪の日程を終えた。インドではQLD州の8名の市長も同行しAdani社等との会談を実施した。同首相は同社が計画するCarmichael炭鉱開発プロジェクト(QLD州)はQLD州の地域内で数千人の雇用を産みだすと述べた。

同首相のインド訪問のタイミングに合わせる形で豪州の有名人(往年のクリケット選手、ピューリッツァー賞を受賞した著述家、ロックミュージシャン等)など約90名が連名でAdani社の会長宛てに3月16日付の書簡を発出した。書簡の中でこの約90名はAdani社に対し、地球温暖化等の問題等を鑑みてCarmichael炭鉱開発プロジェクトを中止するよう促している。

なお、3月20日付のメディア報道によれば、Adani社のGautam Adani会長は、Carmichael炭鉱開発プロジェクトについては2017年8月から建設を開始する用意が出来ていると述べた。同会長は2017年5月又は6月までには豪州政府から最終的な認可が得られることを期待している。ただし、同プロジェクトは依然幾つかの訴訟にも直面しており最終投資決定もまだ行われていないと伝えられている。

(シドニー事務所 山下宜範)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ