豪州:Aurizon社、サイクロンによる石炭運搬鉄道への被害と復旧の見込みをアップデート

掲載日:2017年4月13日

4月7日、QLD州において石炭を運搬する鉄道会社のAurizon社はサイクロン「Debbie」及び局部的な洪水による被害と復旧の見込みをアップデートした。同社はBlackwater、Newlands、Goonyella及びMouraの4つの鉄道路線において復旧作業にあたっている。

Blackwater鉄道は産炭地とGladstone港を結ぶ鉄道であり、4月9日までに運行を再開する予定であったがRockhampton地域の洪水の影響が更に響いて4月10日に運行を再開する予定である。ただし輸送量の削減などの制限の下での運行となる見込みである。復旧作業は複数の箇所で行われている。

Newlands鉄道は産炭地とAbbot Point石炭輸出ターミナルを結ぶ路線であり、4月14日の運行再開が見込まれている。当初の予測では4月17日~24日の間の運行再開を予定していた。復旧作業は複数個所で行われている。

Goonyella鉄道は産炭地とDalrymple Bay石炭輸出ターミナル及びHay Point石炭輸出ターミナルを結ぶ鉄道であり、運航再開は当初の予測と変わりなく4月3日時点から5週間を要する見込みである。復旧作業は大規模な地滑りが発生したBlack Mountainなど複数の箇所で行われている。

Moura鉄道は産炭地とGladstone港を結ぶ鉄道であり、4月12日の運行再開が予定されており、当初予測された4月17日の運行再開から前倒しされる見込みである。こちらも複数の箇所で復旧作業が行われている。

(シドニー事務所 山下宜範)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ