コロンビア:英国大使館 同国の多国籍企業に責任ある鉱業を要請

掲載日:2017年7月27日

7月13日の地元報道によれば、コロンビアの英国代理大使Jeff Glekin氏はManizales市にて記者会見を行い、コロンビアで操業している同国の多国籍企業は、英国企業として国際条約を尊重しなければならないとした。

その上で、英国政府としてコロンビアで採掘操業を行っている同国の多国籍企業は環境や地域社会、及び、人権を尊重する責任あるビジネスを慣行するよう要請した。

また同氏は、これらの産業分野において、企業は大きな挑戦をしていることは理解できるが、持続可能で、且つ、環境に配慮した責任ある企業行動が推進されることを要望すると述べた。

さらに同氏は、英国企業の鉱業活動を通じて、コロンビアにおける雇用を拡大し、コロンビアの経済成長に貢献できるよう務めたい旨を付け加えた。

(リマ事務所 栗原 健一)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ