中国:コークス1805先物契約価格 0.93%高

掲載日:2018年1月11日

12月22日付けの地元報道によると、コークス1805先物契約価格の終値は2,118元/トン、前回の取引日と比較して決算価格は0.93%高、20元/トン高であった。相場の最高値は2,125元/トン、最安値は2,061元/トン。22日の成約量は50.59万枚、ポジションは27.74万枚。

北方の多くの場所で再度重大大気汚染オレンジ色警報が発表され、河北地域のコークス企業の稼働負荷は下がり、山西省の暖房供給任務のあるコークス企業は生産を続けたが、警報期間に輸送のピーク期が過ぎたことでコークスの出荷にある程度の影響を与え、一部コークス企業の在庫が小幅に増加した。

市場面では、供給不足が続いたため、コークス企業は依然として強含みだが、現在の貿易業者の貨物の受け入れは慎重で、市場では投げ売りする現象が起こり、見方は分かれている。

(石炭開発部 辻  誠)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ