コロンビア:環境ライセンス庁(ANLA)がDrummond社に罰金を課す、同社は反論

掲載日:2018年1月25日

1月18日付けの地元メディアによると、環境ライセンス庁(ANLA)がDrummond社に罰金を課したことに対して、同社は反論の声明を発表したと報じた。

ANLAは、Drummond社に対して、同社が保有する鉱区に近い、Plan Bonito地区、El Hatillo地区、並びに、Boquerónc地区の3つの地域に居住する住民の住居について、規定の期日までに、適切な住居の移転、再定住が出来るよう対策を講じなかったことを理由に罰金を課した。これに対して、同社が反論の声明を発表したもの。

Drummond社によると、Plan Bonito地区については、移転アクションプラン(PAR)の策定後、2014年6月に、この地域に住む全住民の住居移転を実行していること。また、El Hatillo地区については、2017年12月に153項目に及ぶアクションプランにANLAとDrummond社の両者にて、同意が成立していると指摘した。

また、これら移転手続きの過程において、同社は常に地域住民との対話を重ねてきたことや、手続きについての状況を常に行政監督庁やオンブズマンに報告しており、 ANLAはこの制裁決定について、再考すべきと述べた。

(リマ事務所 栗原 健一)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ