ベトナム:EVNの子会社の新規株式公開は低調に終わる

掲載日:2018年2月22日

2月11日付けの地元報道によると、電力公社(EVN)の子会社Power Generation Corporation 3(Genco 3)社の新規株式公開(IPO)は2月9日に行なわれ、提供された株式267百万株の3%が売却された。IPOでは、認可株式の12.84%が提供されたが、IPO前には市場の関心は高かった。

Genco 3社は、ホーチミン株式取引所(HCM Stock Exchange)に上場したが、僅か7.45百万株、提供株式の3%が売却されたのみであった。平均取引価格は24,802 VND/株、最低価格24,600 VND/株より僅かの上値であった。Genco 3社は、株式売却にて1,848億VNDを得た。

Genco 3社の会長は、IPOの低調な結果は、IPOのタイミングが悪く、市場が変動し、投資家は旧正月(テト)前の利益確保に動いたとした。同会長は、電力分野の投資は、通常、中期投資・長期投資であり、短期投資には向いていないと語った。

同会長は、投資家への株式売却は2018年から2019年には完了するとした。更に、インド、タイ、韓国、中近東の投資家が戦略的な投資を登録しているとした。しかし、海外の投資家からは、IPOが短期間であり、この様な大きな投資でのデューデリジェンスの時間がなかったとの意見があったとした。

(石炭開発部 辻  誠)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ