コロンビア:国家鉱業庁(ANM) 鉱業セクターを代表して新しいビジネス関係推進へ

掲載日:2018年5月24日

5月16日付けの地元報道によると、国家鉱業庁(ANM)は豪州で開催されるLatin America Down Under (LADU)2018に参加すると発表した。

ANMの長官によると、LADUはコロンビアの鉱業セクターのプロモーションには貴重な機会だと語った。また同長官は、ANMのイベント参加は、新しいビジネス関係の確立事業を推進し、コロンビアの鉱業部門の地位の強化につながると語った。

同長官によると、例えば世界第4位の製鉄会社Fortescue Metals Group Ltd社は、ANMがLADUで最初にコンタクトした企業であり、同社は2017年に探鉱レベルでコロンビアに参入、現在いくつかのコンセッション契約を申請している。その他、Newscrest Mining Ltd社、MMG Limited社、First Quantum社、Hot Chili社などは、コロンビアでのプロジェクト開発に大きな関心を示している。

LADUは第7回目となるが、世界中から投資企業や出展者の参加が期待されている。公式議題の中には、コロンビア代表としてANMのビジネス推進担当者が参加し、コロンビア・鉱業機会の国(Colombia Tierra de Oportunidades)について講演する予定。また、LADU 2018では、アルゼンチン、エクアドル、パラグアイ、ブラジルを含む多くの国の政府関係者が参加する。

(石炭開発部 辻  誠)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ