豪州:鉱業に対する好感度は過去6年間で最高:鉱業協会調査

掲載日:2018年8月9日

8月3日の豪州鉱業協会(MCA)の発表によれば、鉱業に対して好感を持つ人の割合は46%であり、過去6年間で最高となっている。これは、MCAが調査会社に委託して実施した1,500名の豪州人に対するサンプル調査の結果によるもの。これによると、鉱業を支持すると回答した人は全体の46%であったのに対し、反対すると述べた人は13%であり、鉱業の支持者は反対者の3倍以上となっている。

支持する理由としては、「高賃金、高技術の職を豪州人に提供するから」(支持すると回答した人の55%)、豪州の現在の生活や技術、ビジネスにとって重要だから」(同55%)、「鉱業は地域コミュニティの雇用の約60%を提供するから」(同53%)等となっている。また、豪州人の14%が、鉄鉱石が最も重要な資源だと考えており、石炭、またリチウムやコバルト等のバッテリー関係の鉱物資源を最も重要だと考える人が各々9%を占めた。

MCAは、今回の調査結果はMCAや他のメンバー企業等による市民からの支持回復に向けた運動が功を奏したものであるとしている。しかしながら、調査対象者の約半数が、「鉱山会社は採掘跡地を返還すると共に健康や福祉に対する投資もすべきである」と考えており、MCAでは、「豪州の鉱山会社は鉱山跡地の原状回復や地域の活動に対しても多くの実績がある」として、さらにこれらの情報を提供していく必要性を指摘している。

(シドニー事務所 山下宜範)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ