豪州:Noble Group社、Yancoal Australia社等を提訴

掲載日:2018年8月9日

8月3日付けのメディア報道によれば、香港のコモディティ商社でシンガポール証券取引所に上場しているNoble Group社は、Yancoal Australia社及びその子会社であるGloucester Coal社を相手取って、NSW州の最高裁判所に訴訟を起こした。Noble社は、2011年に締結したマーケティングサービスに係る契約に関して契約義務違反があり、少なくとも1億2,700万USDの損害を被ったとしている。

Noble社は、多額の損失と債務不履行によってここ数年リストラを進めており、この経営危機を受けて、Noble社に石炭を販売してきた企業が同社との契約からの撤退を探っており、Noble社が顧客に石炭を供給する能力にリスクが生じたとみられていた。2017年には、Yancoal社はNoble社に対して1億9,500万AUD分の石炭を販売している。情報筋によれば、今回の係争はNewcastle港の使用に関係するロイヤルティの支払いに係るものである。Noble社は、Yancoal社の株式を保有しているが2017年にYancoal社が実施した増資によりNoble社が保有する株式は大きく希薄化しており、債権者たちはYancoal社をNoble社への主要なサプライヤーであるとは見なしていない。

(シドニー事務所 山下宜範)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ