米国:米上院エネルギー天然資源委員会の民主党トップに石炭擁護派を指名

掲載日:2018年12月20日

12月11日の現地報道によれば、上院民主党は急進派グループからの反対をよそに、Joe Manchin上院議員をエネルギー天然資源委員会の民主党リーダーに指名した。院内総務を務める民主党のChuck Schumer議員は他の委員と共にこの人事を発表した。

Manchin議員は声明の中で「私はWest Virginia州の人々のためにエネルギー天然資源委員会のリーダーとして働く機会を得たことを光栄に思う」「この委員会は共和党、民主党が協調して米国のエネルギー技術推進を支援してきた長い歴史がある。West Virginia州はエネルギー生産を行うとともに先進エネルギー技術の発展に貢献してきており、私はこれらの動きを継続したい」「米国が直面している問題は深刻だと認識している。私は全項目エネルギー戦略(All-of-the-above energy strategy、国内の利用可能なエネルギーを全て活用する包括的エネルギー政策)に沿った長期的なエネルギー政策推進のために常識的な解決策を見つけ、また米国がエネルギー業界のリーダーであり続けるために、同僚と一緒に取り組みたい」と述べた。

委員会幹部は、エネルギー、国有地、エネルギー政策、エネルギー効率の標準および国内化石燃料生産等の内部部会を監督する。

先月上院議会改選選挙に勝ったManchin議員は石炭産業の強力な支援者であり、エネルギー問題に関してたびたびTrump大統領や共和党の立場を支持してきた。彼は2010年の選挙CMで民主党の排出権取引法案を銃で打ち抜き、その法案に対する反対と石炭産業への支持を表明したことで知られている。

(石炭開発部 弘中 孝宜)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ