ベトナム:石炭火力発電は電力需要の急増・他電源不足に対する解決策

掲載日:2019年3月14日

3月4日付けの地元報道によると、工商省(MOIT)は、国家電力開発計画では石炭火力発電所の更なる追加を望んでいる。多くの人々が、他国、例えば中国・インドでは未だに石炭火力発電所の開発を進めていると主張している。ベトナムには2018年末で28か所(全体発電能力18,000 MW)の石炭火力発電所があり、別途、7か所(全体発電能力7,860 MW)の石炭火力発電所が建設中である。

2030年までに、70か所(全体発電能力55,300 MW)以上の石炭火力発電所が見込まれている。この数字は、今後10年間にて発電能力が倍増することを意味する。石炭火力発電所は汚染を引き起こすが、電力需要の急増に対する解決策ではあり続ける。

電力公社(EVN)は、ベトナムでは2019年水力発電量が40億kWh分不足すると警告した。この不足分の電力は石炭火力発電にて相殺されるとした。

(石炭開発部 辻  誠)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ