豪州:KORES社、NSW州Wallarah 2プロジェクトの採掘リースを取得

掲載日:2019年7月4日

6月21日付けのメディアによれば、韓国KORES社の豪州子会社であるKores Australia社は、同社が82.2%を 保有し、長年に亘り許認可手続きを強いられていたNSW州Wallarah 2プロジェクトの採掘リースを21日付で取得した。

同プロジェクトは、8億AUDを投資し、坑内採掘により、年間5百万トンの一般炭を28年間に亘り生産する計画で、2022年後半から2023年の前半に生産が開始される見込みである。同プロジェクトの建設段階では1,000人、操業期間中は300人の直接雇用と500人の間接雇用が創出され、総額6億AUDの経済効果を同地域周辺にもたらし、数億AUDのロイヤルティや税金収入を得るNSW州政府を通して、地域の病院や道路、学校整備に貢献することが期待されている。NSW州鉱業協会のGalilee CEOは、2019年4月の選挙で政権を維持したNSW州保守党政権が、地方の雇用や投資機会の創出に真剣に取り組んでいる証であると歓迎するコメントを発している。

(シドニー事務所 吉川竜太)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ