豪州:BHPのScope 3削減目標設定に対し、各界から批判

掲載日:2019年8月15日

7月25日付けの地元メディアによれば、資源企業が産出した資源を顧客が製鉄所や発電所で利用することにより生じる温暖化ガスの排出量、いわゆる「Scope 3 排出量」に関し、世界初となる削減目標を設定すると発表したBHP社に対し、各所から批判の声が上がっている。

豪州の石油・ガス業界を代表する豪州石油生産探鉱協会(APPEA)は、BHPが同社の排出量削減に努めることは歓迎するが、政府が主管する産業政策に影響を与えるようなことはすべきではないとコメント。また、豪連邦議会の保守系議員は、BHPによるこのような声明は、すでに同社が大きな影響力を持つ石炭産業に、新規の投資者が参入できないようにするための意図的なものだと批判している。豪連邦のTaylorエネルギー・排出量削減担当大臣は直接の批判は避けたものの、政府は次世代の人々のために温暖化ガス排出量を削減するためのアプローチを実施する必要があるが、経済に大きな影響を与えないような政策に基づいて実施されなければならない、とコメントしている。

(シドニー事務所 吉川竜太)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ