コロンビア:日本との貿易関係を強化

掲載日:2019年10月3日

9月9日の現地報道によると、商務省はオレンジ経済(同国のドゥケ大統領が推進するクリエイティブ産業および文化資産により経済活動を牽引する政策)における貿易、投資、協力など共通の関心事に焦点を当てることにより、日本とコロンビアの政府が動き始めるとし、両国の貿易関係を強化するために常駐の作業部会の設置を提案した。

これは、Laura Valdivieso Jiménez商工観光副大臣と滝波経済産業大臣政務官との会談において提起されたもので、同会議では両者は二国間における商業活動と資本増大に対し相互の関心を表明し、関連テーマが進展するよう技術チームに作業させる必要があるとした。

滝波経済産業大臣政務官は、「日本企業はインフラや技術プロジェクトに関心がある。2018年の日本からコロンビアへの投資は6,840万USDに達しており、目標はそれを増やすことである」と伝えた一方、Valdivieso副大臣は、「両国間の貿易を増大させる大きな可能性がある」と述べた。

(リマ事務所 栗原 健一)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ