ジンバブエ:電気料金を4倍に値上げ

掲載日:2019年10月17日

2019年10月9日付の現地(ハラレ)報道によると、ジンバブエのエネルギー規制当局(Zimbabwe Energy Regulatory Authority:ZERA)は、日々の計画停電に対し、発電量を増強し、電力供給を改善できるようにするためにジンバブエ電力送配電会社(Zimbabwe Electricity Transmission and Distribution Company:ZETDC)による電気料金をkWh当たり38.61セントから162.16セント(US¢10.61)に引き上げる申請を承認した。財務省によると、最大18時間に及ぶ停電は、鉱山、産業、家庭に打撃を与え、壊滅的な干ばつとともに、経済が今年最大で6%縮小する主な理由の1つとされている。

一方、電力コストの急騰により、燃料や生活必需品価格の急激な値上がりが起こり、ジンバブエ市民の怒りをかっている。給与は上がらず、10年で最悪の経済危機に対するEmmerson Mnangagwa大統領の政策に市民の非難が沸き上がっている。

エネルギー規制当局は、新しい電気料金により、ZETDCは発電機を修理するための資金を調達できるとともに南アフリカのEskomとモザンビークからの毎月の輸入電力代金1,950万US$を工面できると述べた。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ