ボツワナ: 石炭液化プラントと炭層メタン発電プロジェクトの早期着工を目指す

掲載日:2020年2月13日

2月5日付の現地報道によると、ボツワナのLefoko Maxwell Moagi鉱物資源大臣は、同国に豊富に賦存する石炭を使用しての石炭液化プラントと炭層メタン(CBM)を燃料とする100MW発電所のパイロットプラントの建設を加速すると、南アフリカのケープタウンで行われているMining Indabaにおいて4日に述べた。Moagi大臣によると、石炭液化プラントは2025年の運転開始を、CBM発電プラントは2022年までの運転開始を目指すとのことである。

国営のボツワナ石油株式会社は、エネルギー供給を確保するために3年前に建設コストが40億米ドルと見積もられていた石炭液化プラントを建設するための入札書類の交付を行った。政府は、Sasol社と石炭液化プロジェクトについて予備協議を行っており、今年CBM発電プラントの電力購入契約を最終決定する予定であるとMoagi大臣は述べた。

なお、CBM発電プラント建設の最終選考には豪州企業のTlou Energy 社とボツワナ企業のSekaname社が残っているとのことである。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ