コロンビア:Drummond社、Casacará村へ3教室を贈与

掲載日:2020年3月26日

2月27日の現地報道によると、Drummond社は、鉱業開発地域にあるコミュニティの開発プログラムにおいて教育部門が基本事項であると認識し、Cesar県Casacará村にあるLuis Giraldo校に3つの教室を贈与した。これにより地元の学生650人以上に恩恵をもたらすことになる。

同社は、CSRの戦略として学校教育への投資に注力しており、建設費用の100%を負担する。教室の贈与式にはCodazzi市長が出席し、「我々は行政の面から学校教育に対し責任をもっている。本日Drummond社より3教室が贈与されたが、さらに3教室の追加建設を必要としており、我々は自治体として必要な投資を行う用意がある」と述べた。またDrummond社は「教育への投資は、より良い未来を築くことにつながる。弊社はコロンビアの新しい世代へのコミットメントを再確認し、鉱業開発地域の若者達の育成を支援している。これらのアクションは、国連で目標に掲げられている質の高い教育の実現にも準拠している」と述べた。

(リマ事務所 栗原 健一)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ