コロンビア:鉱山業界、Covid-19に対処するため操業中止

掲載日:2020年4月23日

3月24日の現地報道によると、鉱山業界に属している約15,000人の直接雇用の労働者および18,000人の間接雇用の労働者が、雇用を失うことなく就労を一時中断する。

コロンビア鉱業協会のJuan Camilo Nariño会長は、「鉱山業界は従業員の雇用や、鉱山操業を行う地域のコミュニティの持続可能性に対する業界としての貢献を継続しながら、一時的に稼働を減らすことを決定した」と述べた。このようにCovid-19に対する強力な措置が講じられているにもかかわらず、鉱山業界は主に以下のようなコミュニティへの支援を維持することを約束している。

・ 鉱山がある自治体における、日々の清掃、衛生維持を含むCovid-19予防キャンペーンとその幅広い普及
・地元の保健機関に対し、Covid-19に対する予防およびケアに不可欠な資金援助や医療チ-ム等のサービス提供
・コミュニティへの食料、飲料水、トイレなどの寄付
・当該地域への社会経済的悪影響の緩和を目的とした、特に現地のサプライチェーンサービス提供者の支援

(リマ事務所 栗原 健一)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ