ジンバブエ:中国企業、30億米ドル規模の石炭火力発電所の建設を支援

掲載日:2020年5月7日

2020年4月29日の現地報道によると、中国の建設会社China Gezhouba Group Corp Limited(CGGC)は、ジンバブエのRio Energy Limitedを支援し、推定30億米ドルの費用でジンバブエ北部のSengwaに2,100MWの石炭火力発電所を建設することを確約した。

Rio Energy社のCaleb Dengu会長は先週、CGGCがプロジェクトの資金調達と建設を支援すると発表していた。発電所の最終的な発電量は2,800MWになると見込まれており、4フェーズに分かれて建設され、各フェーズはそれぞれ約700MWで計画されている。燃料となる石炭に関しては、Sengwaには10,000MWの発電所の運転を賄えるだけの豊富な石炭が賦存しているとCaleb Dengu会長は述べた。

また、中国の建設会社が、Kariba湖からSengwaまで水を運ぶ250kmのパイプラインと420KVAの電力線を建設する計画である。プロジェクトの第1フェーズの費用は約12億ドルと推定されている。

なお、ジンバブエでは約2,200MWの電力需要があるが、自国での発電と輸入により供給できる電力量は約1,300MWのため、頻繁に停電が発生しており、産業に多大な影響を与えている。

注:Sengwaでは、過去に小規模な炭鉱が操業したことはあるが、大規模な炭鉱が操業しているとの情報はない。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ