米国:Arch Coal、Arch Resourcesへ社名変

掲載日:2020年5月14日

2020年5月1日の会社発表によると、米国Arch Coal社は5月15日付でArch Resourcesに社名を変更することを発表した。これは世界の鉄鋼業界向けに鉄鋼原材料を供給する生産者であることを強調する意図があるという。

Paul Lang CEOによると、同社は世界市場向けに最高品質の鉄鋼原材料を生産しており、2021年に世界規模のLeer South原料炭炭鉱(ウェスト・バージニア州)をスタートさせ、鉄鋼原材料市場への移行に新たな一歩を踏み出すことができるとしている。

Arch社は現在、営業キャッシュフローの70%を原料炭セグメントから出しており、今後その割合は更に拡大するとみられており、同社は2020年に資本予算の90%以上を鉄鋼原材料ポートフォリオに向けている。

Arch Coal社は2016年1月に米連邦破産法第11条に基づく会社更生法手続きに入ったが、同年10月に財務再編により回復している。しかしその後も石炭需要激減を受け、2019年6月にはパウダーリバーベースンでの一般炭事業についてPeabody社との合弁を図る等、合理化を進めている。

(石炭開発部 宮崎 渉)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ