南アフリカ:COVID-19影響、4月の南アフリカの鉱業生産量は半分に急落

掲載日:2020年6月18日

2020年6月11日の現地報道によると、南アフリカ統計局は11日、4月の鉱業の生産と販売概要を発表し、コロナウイルスの蔓延対策として実施した都市封鎖が、鉱業にどのような影響を及ぼしたかについての見解を公表した。4月に実施された南アフリカで初めての全国規模での都市封鎖により、鉱業生産量は前年比で47.3%減少した。生産量の減少が最も大きかったのは鉄鉱石で68.7%の減少であった。その他にも、白金族鉱物の生産量は62%減少し、金は59.6%減少し、マンガン鉱石は57.6%減少した。 また、4月の鉱産物の販売額は、前年比で28.3%減少した。

4月の前半では、Eskomに石炭を供給する炭鉱を除いて、多くの南アフリカの鉱山が、コロナウイルスの蔓延を阻止するために閉鎖されるか、ケア&メンテナンス状態であった。製錬所は生産能力を減らして操業を継続することが認められた。このため、4月の石炭生産量は前年比で9.1%しか減少しなかった。鉱業に対しての規制は4月半ばに緩和され50%の能力での操業が許可され、6月1日からはフル操業に戻すことが許可された。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ