豪州:NSW州上院議会、Shenhua Watermark一般炭プロジェクトによる先住民遺跡破壊を防ぐ方向で与野党の意見が一致

掲載日:2020年6月25日

6月18日付の地元メディアによると、NSW州上院で同月17日に開かれた議会において連立与党の自由党及び国民党と野党労働党は、中国Shenhua(神華)社が同州で進めるShenhua Watermark一般炭鉱プロジェクト(露天掘り)において数十箇所の先住民遺跡が破壊されることを防ぐよう同州政府に圧力を掛けることで、意見が一致した。

議会において、NSW州先住民問題前大臣であるDon Harwin自由党議員は、先住民遺跡の保護が、公園や野生生物保護を管理する法律のもとに行われているというNSW州の法制度は不適切であり、これを大幅に改正するべきであると述べた。Cate Faehrmann緑の党議員はこれについて、「Harwin議員の発言を否定する議員は誰もおらず、非常に意義深いことである」と述べた。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ