モザンビーク:ValeのMoatize炭鉱、2020年第2四半期の生産量が大きく落ち込む

掲載日:2020年7月30日

モザンビークのテテ州でMoatize 炭鉱を運営するValeは、7月21日に2020年第2四半期の石炭生産と販売実績を公表した。COVID-19の蔓延により世界の石炭需要は大きな影響を受けており、Moatize炭鉱では4月以降は生産を抑制し、又6月には生産を一時的に停止したため、生産量、販売量とも大きく落ち込んだ。さらに、この需要低迷により、山元と港の貯炭量は限界に達している。

2020年第2四半期の生産量は1,283千トン(原料炭698千トン、一般炭585千トン)で、前年同期比では1,087千トン(45.9%減)の大きな減産となった。また、2020年第1四半期の実績1,963千トン(原料炭983千トン、一般炭980千トン)に比べても680千トン(34.6%減)の減産となった。この結果、2020年上期(1-6月)の生産量は3,246千トン(原料炭1,680千トン、一般炭1,565千トン)となり、前年同期比では1,337千トン(29.2%減)の減産となった(表参照)。

Valeは市況低迷が続く限り、今後も一時的な生産停止を行う可能性があるため、2020年の生産目標を示すことはできないとしている。
 
なお、COVID-19の蔓延による機材とサービスの流れや人の移動を含む制限と不確実性を考慮して、Valeは既に2020年3月からの選炭工場の3か月のメンテナンスプランの延期を決定しており、現状ではいつ必要なメンテナンスを開始できるかは不明としているが、山元への設備と材料の購買物流及び作業者の安全レベルの確保が可能になれば、すぐに開始することができるとしている。
 
Moatize炭鉱生産、販売実績
単位:千トン
  2Q20 1Q20 2Q19 1H20 1H19 2Q20/1Q20 2Q20/2Q19 1H20/1H19
生産量 1,283 1,963 2,370 3,246 4,583 -34.6% -45.9% -29.2%
原料炭 698 983 1,136 1,680 2,187 -29.0% -38.6% -23.2%
一般炭 585 980 1,234 1,565 2,396 -40.3% -52.6% -34.7%
販売量 1,385 1,566 2,093 2,951 4,487 -11.6% -33.8% -34.2%
原料炭 516 706 1,037 1,222 2,328 -26.9% -50.2% -47.5%
一般炭 869 860 1,056 1,729 2,159 1.0% -17.7% -19.9%

 

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ