ニュージーランド:ニュージーランド最高裁判所、Te Kuha炭鉱開発認可取り消しに対するRangitira社の不服申立を棄却

掲載日:2020年7月30日

7月15日付のメディアによると、ニュージーランド最高裁判所は、 同国のRangitira Developments社が、南島West Coast地方Westport付近のTe Kuha炭鉱開発認可の取り消しを支持した控訴裁判所の決定に対して不服申立を行っていた訴訟に関し、Rangitira社の申立を棄却した。

Rangitira社は2017年11月、Te Kuha炭鉱の開発認可をBuller郡議会より取得していたが、環境保護団体Forest and Birdが同炭鉱予定地には104ヘクタールの郡保護地域や12ヘクタールの公共保護地域(public conservation land)が含まれているとして不服を申し立て、同郡議会は認可を取り消していた。Rangitira社はニュージーランド高等裁判所に提訴して、炭鉱開発を認可するとの決定を受けたものの、Forest and Birdの上訴によってこの決定が覆され、最高裁判所で新たに審理が行われていた。最高裁判所は今回の決定において、Buller郡議会は、郡保護地域の管理を水資源管理以外の目的において行うべきはないとしている。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ