ロシア:Mechel社、大手鉱山会社で初めて、COVID-19に関わる基幹産業支援による優遇融資を利用

掲載日:2020年9月24日

8月27日付の現地報道によれば、Mechel社はCOVID-19に関わる基幹産業支援の一環である優遇融資を受けた。運転資金として50億USDの融資を受けたもので、市中金利との差を国が負担することにより、実質年率が2%となる。今まで同様の融資を受けたのは主に輸送・機械製作の企業で、大手鉱山会社としては同社が初めてのケースとなった。

この融資形態では、融資を受けた企業は株主に対して配当金を出すことができず、また定期的な報告書提出が求められるという条件があるため、一般に大手企業は積極的に受けようとはしていない。メチェル社の場合は、長期にわたり債権者に監督されている状況が続いていることから、頻繁な報告書提出には慣れており、売り上げ利益は債務返済に充てられている。債務超過で低金利での融資を得ることができない同社にとって、この国家支援プログラムは好都合であったといえる。

(モスクワ事務所 屋敷 真理子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ