モザンビーク:Vale、Moatize炭鉱の2020年第3四半期の生産量と販売実績を公表

掲載日:2020年10月29日

モザンビークのテテ州でMoatize 炭鉱を運営するValeは、10月19日に2020年第3四半期の石炭生産と販売実績を公表した。生産は、COVID-19の影響により4月以降減速し、需要の大幅な低迷を受けて6月に一時的に停止していたが、7月に再開された。海上貿易量の落ち込みは引き続いており、石炭生産に影響を与えているとともに山元と港の貯炭は限界に近付いている。

2020年第3四半期の生産量は1,402千トン(原料炭756千トン、一般炭646千トン)で、前年同期比では908千トン(39.3%減)の大きな減産となった。しかし、2020年第2四半期の実績1,283千トン(原料炭698千トン、一般炭585千トン)に比べると119千トン(9.3%増)の増産となった。この結果、2020年1~9月の生産量は4,648千トン(原料炭2,436千トン、一般炭2,212千トン)となり、前年同期比では2,246千トン(32.6%減)の減産となった。なお、第3四半期の販売量は1,435千トンで、対前期比50千トン増(3.6%増)だったが、内訳で見ると、原料炭が809千トンで293千トン増(56.8%)に対し、一般炭は626千トンで243千トン減(28.0%減)だった(表参照)。
 
Valeは、貯炭が限界に近付いていることや、現地での物やサービス、人の流れの柔軟性が高まったことで現地への資機材の購買物流が可能となり、安全レベルが確保されていることから延期していた選炭工場等の3カ月の改修工事を11月に開始することを決定し、既にそのためのチームを動員している。同社によると、改修工事終了後は、操業条件の改善により出炭規模は1,500万トンになるとのことである。
 
Moatize炭鉱生産、販売実績
単位:千トン
  3Q20 2Q20 3Q19 9M20 9M19 3Q20/2Q20 3Q20/3Q19 9M20/9M19
生産量 1,402 1,283 2,310 4,648 6,894 9.3% -39.3% -32.6%
 原料炭 756 698 1,020 2,436 3,207    8.3% -25.9% -24.0%
 一般炭 646 585 1,290 2,212 3,687  10.4% -49.9% -40.0%
販売量 1,435 1,385 2,254 4,386 6,741   3.6% -36.3% -34.9%
 原料炭 809 516 1,083 2,031 3,411  56.8% -25.2% -40.5%
 一般炭 626 869 1,172 2,355 3,330 -28.0% -46.6% -29.3%

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ