モザンビーク:Sena鉄道路線の復旧工事が進行中

掲載日:2020年11月19日

11月12日の現地報道によると、マラウィとモザンビークのBeira港を直接結ぶ鉄道路線を確保するため、モザンビーク中央部のSena線の復旧作業が進められている。Sena線はBeiraからTete州のMoatize炭田まで通っており、モザンビークのMutararaからマラウィ国境近くのVila Nova da Fronteiraまでの支線があり、そこからマラウィのBangulaに至る。

この支線は、何年も前から使用されていない。Maputoの日刊紙「Noticias」の10日の号で引用されたモザンビーク港湾・鉄道公社であるCFMのある情報筋は、国境のモザンビーク側で進行中の復旧作業を完了させるために4,600万ドルが利用可能であると述べた。情報筋は、ルート上の茂みの除去はすでに行われており、次の2週間以内に、キャタピラーとブルドーザーを含む重機の導入を伴う適切な復旧作業を進めなければならない、と述べた。支線は、全長115kmで、モザンビーク側が44km、マラウィ国内が71kmである。作業が完了したら、マラウィはBeira港を経由して砂糖をヨーロッパに輸出したいと考えている。

Beira港は、マラウィ南部の企業にとっては最も便利な港かもしれないが、北部と中部マラウィ地域にとっては、海への主要ルートは、水深の深いNacara港にモザンビーク北部を横断する鉄道である。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ