米国:世界最大の石炭生産者が倒産リスクを警告

掲載日:2020年11月26日

11月10日の現地報道によると、Peabody Energy社は、5年間で2回目の破産する可能性がある。

Peabody Energy社は、6,720万USD(1株当たり0.66USD)の四半期損失を計上した。第3四半期の売上高は前年同期比39%減の6億7,100万USDとなったが、これは販売量の減少、販売構成の変化、輸出向け石炭価格の下落によるものである。

Peabody社は、第3四半期に行われた約8億USDのReclamation bondにかかる担保要求を解決し、将来の担保要求を制限するために、16億USDの保証債券(Surety bond)プログラムの停止に合意した。

代表取締役副社長兼、最高財務責任者のMark Supurbeck氏は「当社は、保証会社の多大な協力により、Peabody Energy社の将来の担保要求をより明確に把握できる業界初のソリューションを実現できたことに感謝している」「この契約は安定性の基盤を築き、長年の埋め戻しへのコミットメントに必要な支援を提供する。私たちは現在、リボルビング クレジットの借入先や2022年満期の債券保有者と協力して、十分な流動性と財務の柔軟性を維持しつつ、満期の延長と契約条項緩和に関する交渉に注力している」と述べた。

第4四半期の業績はリボルビング クレジット契約で定められている必要最低限のNet Debt Leverage Ratioを満たすには十分ではない。リボルビング クレジットの借入先および2022年の債券保有者からなるグループとの協議は12月31日までかかる見通しである。

(石炭開発部 弘中 孝宜)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ