米国:Biden大統領政権下で炭素回収・利用・貯蔵技術の研究開発が進む可能性

掲載日:2020年12月17日

11月24日の現地報道によると、Biden次期大統領はクリーンエネルギー革命の計画の中で、炭素回収・貯留(CCS)技術の開発と展開を促進することを国に求めている。

Biden次期大統領もTrump大統領もCCSやCCUS(炭素回収・利用・貯留)技術利用を促進する点において一致していたが、技術に対する立場が異なる。Biden次期大統領はパリ協定に従って地球温暖化を産業革命前の水準よりも1.5℃上昇するに留めるためにCCSやCCUSを利用してCO2排出を減らすとしている。一方Trump大統領は化石燃料を使用し続けるためにCCSやCCUSを利用しようとしていた。

Biden次期大統領の計画ではクリーンエネルギー研究に今後10年間で4,000億ドルを投資するとしていた。来年1月のジョージア州上院議員選挙に共和党が勝利すると、Biden次期大統領の政策の大部分は実行できない可能性が高いが、クリーンエネルギーへの投資に関しては超党派の支持が広がっているため、実行される可能性が高い。

(石炭開発部 弘中 孝宜)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ