米国:Peabody社は2度目の倒産の可能性

掲載日:2020年12月17日

11月30日の現地報道によると、Peabody社は債権者への返済能力に関して重要な疑義が生じており、その状態が継続している。疑義が生じた要因は、第3四半期の損益、債権者から追加の担保要求及び借入契約条件の不遵守の疑いである。

Peabody社は他にも、米国で石炭火力発電所が廃棄される予定になっていること、豪州における炭鉱の火災、炭鉱の資産価値の減少、及び新政権が石炭産業衰退を加速する懸念があること等多くの困難に直面している。

石炭産業に詳しいChicago大学ロースクールのJoshua Macey教授は今後数カ月のうちにPeabody社が再度倒産申請する可能性が高いと述べている。

(石炭開発部 弘中 孝宜)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ