中国:豪州炭輸入規制解除の条件

掲載日:2021年3月11日

2月25日の現地報道によると、国務院新聞弁公室が2021年2月24日に記者会見を開催し、商務部副部長、国際貿易交渉副代表である王受文氏が記者からの質問に答えた。

記者:中国と豪州間の貿易問題に関して、どんな状況、または豪州側はどうすれば、中国側は豪州炭の輸入停止、その他の豪州産製品の中国向けの輸入制限を解除するか?

王受文氏:ご質問ありがとうございます。中国と豪州の経済貿易関係には非常によい土台がある。両国間には自由貿易協定がある。中国は過去12年間、豪州の最大の貿易パートナーであり、豪州最大の輸出市場と輸入元である。両国間の財貨・サービス貿易、双方向の投資において、豪州側には黒字がある。豪州は中国との取引において貿易・サービス収支が黒字で、中国から豪州への投資額は豪州から中国への投資額より大きかった。中国―豪州間の経済貿易関係は豪州に巨大な利益をもたらした。

非常に残念なことに、豪州国内には両国間の投資プロジェクトおよび経済貿易提携に関して穿った見方があり、両国間の経済貿易提携の機運に損害を与えた。健康的かつ安定的な中国―豪州関係は経済貿易提携に非常に有利であり、相互の利益に資すると認識している。豪州側が信頼回復に努め、両国間の経済貿易関係が健康的かつ安定的に発展することを期待する。

(北京事務所 塚田 裕之)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ