スペイン:BBVA、2040年までに石炭融資終了

掲載日:2021年3月18日

3月5日、スペイン金融大手BBVA(Banco Bilbao Vizcaya Argentaria)は、石炭関連事業エクスポージャーをゼロにし、先進国の企業のうち石炭使用する事業が収益の5%以上を占める企業には2030 年までに、その以外の国でも2040 年までに融資を停止する事を発表した。但し、これらの企業のエネルギー転換支援のため、再生可能で持続可能なエネルギープロジェクトへの融資は継続するという。

BBVAによると、この5%という閾値の定義は、科学的根拠に基づく脱炭素目標設定のための方法論を提案する「Science-Based Targets」イニシアティブの基準に沿ったものであるという。

(石炭開発部 宮崎 渉)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ