ロシア:ロシア初の垂直坑井・マルチラテラル坑井によるメタン生産・利用システムの実証試験

掲載日:2021年3月18日

2月17日付の現地報道によれば、Gazprom Nedra社は、クズバス地方南部にあるNaryksko-Ostashkinskoe石炭鉱床で、垂直坑井とマルチラテラル坑井によるロシア初のメタン生産システムを建設した。これは炭層メタンの生産・利用を評価するためのもので、今後、クズバス地方の炭鉱におけるメタン生産プロジェクトでの適用を目指しており、2つの実証システムの追加建設が計画されている。

垂直坑井は、炭層内の湧水をくみ上げ、ガス脱離に必要なレベルまで圧力を下げることにより、炭層からメタンガスを生産するためのもの。マルチラテラル坑井は、垂直坑井をクロスし、サイドトラックにより排水面積を最大限大きくする。またこのシステムでは、ロシアで初めて国産の回転式磁界記録装置が利用されている。

(モスクワ事務所 屋敷 真理子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ