豪州:South 32社Kerr CEO、Fortescue社の水素や再生可能エネルギーを利用した製鉄のプロジェクトについて「商業化が実現するには25~30年を要する」

掲載日:2021年4月1日

3月25日付の地元メディアによると、NSW州Illawarra地域などで原料炭炭鉱を操業するSouth 32社のGraham Kerr CEOは、鉄鉱石事業を行うFortescue Metals社がWA州Pilbara地域で再生可能エネルギーや水素を利用した、温室効果ガス(GHG)排出ゼロの製鉄パイロットプラントを2021年に建設することを計画していることについて、同計画が商業化の段階に達するには25~30年を要するだろうと述べた。

Kerr CEOは、水素が今後、エネルギーミックスの中で重要な地位を占めるようになるという概念には同CEOも賛同するが、水素や再生可能エネルギーを利用した製鉄技術が商業目的において可用となるまでには少なくとも数十年を要するとし、今後25~30年間は原料炭が製鉄の燃料として重要な地位を占め続けることになるだろうと述べた。また、同CEOは、現在、環境社会ガバナンス(ESG)に関する論議において、一般炭と原料炭がGHG排出の観点から同一視されるようになっているとしており、これについて「我が社は原料炭を多くの国に輸出しているが、この輸出によってこれらの国々では多くの人々が貧困から脱することが可能となっている。また、現在、製鉄において原料炭の代替となる燃料は存在しない」と反論した。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ