豪州:Watermarkプロジェクト認可は取り消しの可能性も

掲載日:2015年7月30日

豪州:Watermarkプロジェクト認可は取り消しの可能性も (PDF : 118KB)

Shenhua 社の Watermark プロジェクトが豪州連邦の条件付き認可を受けたが、依然として農業団体を中心とした市民からの厳しい反対を受けている。豪州政府は、認可に違反することがあれば認可の取り消しもあり得ると示唆している。
7月4日付の豪州環境省の通達によると、 NSW 州の12億豪ドルの Watermark 露天掘り炭鉱は連邦政府の認可を取得した。しかし、 Hunt 環境大臣は、本プロジェクトは農業用水資源供給に悪影響がないよう18の条件付で認可されており、条件を満たさなければ、認可は下りないとメディアで強調した。 Baird NSW 首相は、7月14日の農業に関する会合で同プロジェクトは水資源に影響があるとの科学的根拠はないと話している。
Shenhua Watermark のウェブサイトによるとプロジェクトは30年間、年間1000万トン原炭生産を期待される。建設には600人、操業には434名の従業員を採用する予定。 Abbott首相は、農業と鉱業は共存できるものとし、プロジェクトの支持を表明している。

(石炭開発部 秋月悠也)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ