カナダ:Benga Mining社、炭鉱開発が却下されたことを不服として上訴すると発表

掲載日:2021年7月29日

7月19日の現地報道によると、アルバータ州のロッキー山脈Crowsnest Pass近郊でGrassy Mountain原料炭炭鉱の開発を目指しているBenga Mining社は、6月に連邦政府と州政府の合同審査委員会が、水や野生動物等への環境上の悪影響の方が、経済的利益を上回るとの理由で、炭鉱開発計画を却下したことを受けて、19日に上訴すると発表した。

Benga Mining社は、豪州の大富豪Gina Rinehart氏が所有するHancock Prospecting Pty Ltdが所有するRiversdale Resources社の傘下にあり、非公開会社であり、同社は、委員会の結論には、法律の重大な誤りと、手続き上の公正さに反するものが含まれている、と述べている。

Riversdale社が、8億カナダドル(6億8,400万米ドル)を投じるGrassy Mountainプロジェクトは、23年間の炭鉱操業期間中に17億カナダドルの税金とロイヤルティを生み出し、400人を雇用し、ピーク時には年間450万トンの原料炭を生産する計画である。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ