南アフリカ:南アフリカのMedupi石炭火力発電所が完成後、一部発電機で爆発が発生

掲載日:2021年8月12日

8月2日の現地報道によると、2007年5月に開始された南アフリカ国営電力会社EskomによるMedupi発電所プロジェクトの最後の1号発電機が商業運転状態となり、全6号発電機(4,764MW)から構成される発電所の完成が発表された。

同発電所は同国のエネルギー安全保障の強化に役立つとされ、運用寿命は50年と計画されている。地域の水不足を考慮した直接乾式冷却システムを採用しており、超臨界技術搭載によりEskom社の前世代型発電機に比べて高温運転が可能となったことで、発電効率が上昇し環境パフォーマンスが向上している。

8月9日の現地報道によると、同発電所の4号発電機が爆発し、甚大な被害がもたらされていると公表された。爆発の原因は設備内に残留した水素を起因とする発火とされ、怪我人の報告はないが、4号発電機は停止状態にあり、全ての現場作業が中断されている。

(石炭開発部 辻本 譲)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ