米国:2011年以降に退役した石炭火力の約70%が瀝青炭火力

掲載日:2021年9月16日

9月2日の現地報道によると、数十年にわたって米国の発電所で優位を保ってきた瀝青炭は、石炭火力発電所の退役が進むにつれ、大きな打撃を受けている。

米国エネルギー情報局(EIA)の報告書によると、過去10年間に退役した石炭火力発電所の68%が瀝青炭によるもので、2011年には318GWあった石炭火力発電所のうち、約90GWが廃止された。

瀝青炭は主にアパラチア及びイリノイ堆積盆で採掘され、亜瀝青炭、褐炭、そして比較的希少な無煙炭に比べて豊富でエネルギー密度が高いことから、古くから重宝されてきた。EIAによると、現存する石炭火力発電所のうち、亜歴青炭火力発電所は石炭価格が安いため、経済的な競争力が高いと考えられている。例えば、最近の調査ではワイオミング州のパウダーリバーベイスンの石炭価格(亜瀝青炭)は1ショートトンあたり11.90ドルで、アパラチア地方では60ドル、イリノイ地方では35ドルだった。

しかし、その多くは、過去10年間に米国で建設された94.5GWの天然ガス火力発電所に取って代わられた。ウェストバージニア州、ペンシルバニア州、オハイオ州のかつて石炭が豊富だった地域では、Marcellus頁岩やUtica頁岩からの生産性の高いシェルガスによってエネルギー事情が一変した。

天然ガスは現在、米国の電力構成の約38%を占めており、かつては石炭が占めていた主要部分であるが、現在では石炭の占める割合は20%近くまで低下している。

(石炭開発部 奥園 昭彦)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ