コロンビア:Chocó県のインフォーマル鉱業に関する第一審で国家が勝訴

掲載日:2021年10月14日

9月29日の現地紙によると、国家法的防衛局(Agencia Nacional de Defensa Jurídica del Estado - ANDJE)は、Choco県におけるインフォーマルな鉱業活動について起こされたグループ訴訟の中で、国家に対し7,005人に合計2,900億ペソ以上を支払うことを命じたChoco行政裁判所の裁定に対し起こした、Tutela(権利擁護訴訟)の第一審で国家が勝訴したことを伝えた。

Choco県Quibdó区域第一行政裁判所は、2016年3月にグループ訴訟の要求を受入れ、Chocó持続的開発地方自治公社(Codechocó)、コロンビア地質鉱業研究所(現在の国家鉱業庁)、環境省の責任を認める判決を下した。この裁定に対し不服申し立てがなされたが、2017年1月27日にChoco行政裁判所は、一審の決定を認め、コロンビア国家に対し2,900億ペソ以上の支払いを命じた。しかし、第一審もその後の判決でも、原告側の損害やその金額についての証拠が要求されず、国家の責任の理由についても明確な言及がなかったため、ANDJEは、国務院にTutela訴訟を提出した。

国務院は、然るべく訴訟プロセスへの権利、正義への権利、被告公的機関の平等性などが侵害されたことを認め、第二審の判定を覆し、Chocó行政裁判所に対し、裁定を下しなおすよう命じた。しかしこの第一審判決に対し不服申し立てが出されたため、第二審の決定を待つことになる。

(リマ事務所 初谷 和則)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ