豪州:Rio Tinto、バイオマスを利用した温室効果ガス低排出製鉄技術の試験をパイロットプラントで開始

掲載日:2021年10月21日

10月13日付の地元メディアによると、Rio Tintoは、原料炭の代替としてバイオマスを利用した温室効果ガス(GHG)低排出の製鉄技術の試験を、小規模なパイロットプラントで開始したことを明らかにした。この技術は、リグノセルロース系バイオマスを、麦わらやサトウキビの搾りかすなど農作物の副産物などから製造して鉄鉱石と混合させ、これらのバイオマスから放出されるガスと、再生可能エネルギーで発生させた電磁波で加熱して鉄鉱石を還元する仕組みのものであるとされている。

同社のこの技術は、直接バイオマスを使用するため、他の技術ではバイオマスを木炭やバイオガスに変換する過程で生じる非効率性やコストを回避することができるほか、農作物の副産物を利用するという点で森林伐採の必要性がないという利点を備えているとされている。

同社はこの製鉄技術について、更に大規模なプラントでの試験が成功すれば、自社の鉄鉱石微紛鉱を原料とする製鉄に向けた商業化が進められる可能性を含むとしている。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ