豪州:連邦政府、韓国政府と温室効果ガス低排出または無排出のテクノロジーに関するパートナーシップの詳細について合意

掲載日:2021年12月23日

12月13日付のメディアによると、豪州連邦Scott Morrison首相は2021年12月13日、豪州を訪問中であった韓国の文在寅大統領と、温室効果ガス(GHG)低排出または無排出のテクノロジーに関する豪韓パートナーシップ「Low and Zero Emissions Technology Partnership」の詳細について合意を交わしたことを明らかにした。

同パートナーシップは、2021年11月に英国グラスゴーで開催された第26回気候変動枠組み条約締結国会議(COP26)に先駆けて両国が同年10月31日に締結したもので、豪州連邦政府が50百万豪ドル、この額に相当する額を韓国政府がそれぞれ支出し、「GHG無排出または低排出の水素(クリーン水素)供給」、「GHG低排出の鉄鉱石や製鉄」、「炭素回収利用貯留(CCUS)」を初期的な優先事項とするイニシアティブを今後10年以上に渡り実施するものであるとされている。

Morrison首相は、文大統領と今回交わした合意においては、GHG低排出または無排出のテクノロジーの導入やクリーン水素の貿易及びサプライチェーンなどに関する両国間協力のMOU、電気自動車(EV)で使用されるリチウムイオン電池(LIB)の材料や再生可能エネルギーなどの設備に使用される鉱物として定義される「クリティカルミネラル」のサプライチェーンに関するMOUなどが締結されたとしている。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ