コロンビア:鉱業セクターは2022年にさらなる成長を期待

掲載日:2022年2月10日

1月28日の現地紙によると、2021年は、一般炭と原料炭の両方において、価格と需要の点でコロンビアにとって好ましい1年であった。コークスは、約14億米ドル相当の420万トンの輸出という記録的な数字を達成し、2020年の記録を上回った。最大の輸出先は中国である。全国石炭生産者連合(Fenalcarbón)によると、2022年の輸出は450万トンに達するだろう。

同連合のCarlos Cante会長は、ストライキや道路封鎖などの国内状況にも関わらず、世界での鉄鋼や合金鉄の生産需要がこの増加を後押ししたことを説明した。同連合は、2022年にコークス輸出が7%増加すると見ており、国内で石炭の最大生産県である3県(Cundinamarca、Boyaca、Norte de Santander)のひとつであるNorte de Santanderにとって望ましい状況が続く。

同県では、コークスが生産され、フェロアロイ業界などに重要が高い。県内の21市で鉱業活動が行われており、現在有効な鉱業権が464件、申請中のものが293件ある。県内では、年間250万トンの石炭が生産され、その内170万トンが原料炭、80万トンが一般炭であり、全体の80%が輸出されている。

(リマ事務所 初谷 和則)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ