コロンビア:La Loma太陽光発電所で試験稼働始まる

掲載日:2022年3月17日

3月1日の現地紙によると、ENEL Green Power Colombia社は、コロンビア最大の太陽光発電所となるLa Lomaを建設中であるが、全国接続網(SIN)に対して最初の供給を行ったことを発表した。これは、試験段階の開始であり、今年中には本格稼働を始める予定である。

同社のビジネス開発責任者のAdrián Dugulán氏は、「これまでに36,000枚のソーラーパネルが設置されており、これで17.4MWをSINに供給することが可能になった。」と述べ、また「試験モードでは、22のサブフィールドを接続し、直流ベースで187MWの達成を目指す」と説明した。

Cesar県のLa Loma集落に位置するこの太陽光発電パークの工事の進捗度は60%に達している。合計で40万枚以上のパネル設置がされると、このプロジェクトからは、年間約420GWhの発電が期待され、これにより約37万人の需要が満たされることになる。

(リマ事務所 初谷 和則)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ