ロシア:ドイツのロシア産石炭輸入停止措置は、ドイツの石炭価格高騰につながる

掲載日:2022年4月7日

2月24日付の現地報道によれば、ウクライナに対するロシアの軍事行動を踏まえ、ドイツのハベック副首相兼経済大臣がドイツはロシア産石炭を購入せず他国から石炭を確保すると述べたことに対して、Alfa-Capital社のスクリャビン氏は、ロシア以外のドイツへの主な石炭供給国は米国・豪州・コロンビアであり、石炭輸送費用が高くつくため、ドイツでの石炭価格高騰につながると指摘した。

2月22日にロシアのシュリギノフ・エネルギー大臣は、2021年のロシアから欧州への石炭輸出量が前年比10.3%増の5,040万トンだったと明らかにしている。専門家は、このうち1,800万トン程度がドイツ向けであったとみており、これはドイツの石炭需要の約半分に当たる。ロシアにとってドイツの石炭市場は、輸出量全体の約10%を占めている。

(モスクワ事務所 屋敷 真理子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ