豪州:連邦政府、Fly-In Fly-Outの勤務形態などの鉱山作業員のメンタルヘルス支援として助成金を拠出へ

掲載日:2022年4月14日

3月31日付の地元メディアによると、豪州連邦政府は、2022/23年度予算案において、自宅から遠距離の鉱山現場で仕事をするため、これらの現場に長期間滞在し、隔週などで飛行機や自動車で一時帰宅する勤務形態であるFly-In Fly-Out(FIFO)及びDrive-In Drive Outの作業員のメンタルヘルスを支援するため、今後2年間に総額6百万豪ドルの助成金を、建設作業員のメンタルヘルスや自殺防止の支援を行う慈善活動機関MATES in Constructionに給付することを明らかにした。MATESはこの助成金を、FIFOやDIDOの作業員が精神衛生機関をより利用し易くするための援助や、これらの作業員のメンタルヘルスや自殺防止に関する認識を高めるための活動などに使用するとしている。

WA州政府の教育保健常設委員会Education and Health Standing Committeeが2015年に行った調査によると、FIFOの鉱山作業員は家族や友人などと離れて仕事をする期間が長いことなどを背景に、不安やうつなど精神的苦痛が他産業の労働者と比較して大きいとされ、これは特に男性に顕著であるとされているほか、FIFO作業員のうち精神的苦痛が「高い」、「非常に高い」とした作業員の割合は33%であったとされている。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ