豪州:AusIMM、QLD州の資源産業における技術士登録の促進活動をQLD州技術士委員会と共同実施へ

掲載日:2022年4月21日

4月8日付の地元メディアによると、大洋州鉱業冶金協会(AusIMM)は、QLD州政府の技術士委員会「Board of Professional Engineer QLD(BPEQ)」と共同で、QLD州の資源産業における技術士登録の促進活動を開始したことを明らかにした。

QLD州では、同州の法律である「技術士法2002年(Professional Engineers Act 2002)」に基づき、鉱業や冶金産業など特定産業における技術士は全て、QLD州登録技術士(Registered Professional Engineer QLD:RPEQ)として登録を行う必要があると定められている。AusIMMとBPEQは、この促進活動において、Bowen BasinやCentral Highlands、及び同州の北西部や北部の鉱山で、鉱業における同法の適用や、RPECの登録申請に対するAusIMMの審査過程などに焦点を当てたワークショップを今後数か月間にわたり行うとしている。

BPEQは今回の促進活動に関し、「QLD州ではここ数年、鉱山事故が何件か起きていることや、鉱業界におけるRPECの登録率が比較的低いことがBPEQの懸念事項となっている」としている。

(シドニー事務所 Whatmore 康子)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ