インド:インドの会社がロシア産石炭を調達する際、アジア通貨使用の頻度が増加

掲載日:2022年9月8日

8月11日付の地元メディアによると、インドの会社がロシア産石炭を調達する際、米ドルの使用を避け、アジア通貨を使用することにより、西側諸国の対ロシア制裁を回避していると報じた。

西側諸国がロシア産石炭の禁止を発表して以来、ロシア側は大幅な割引を提供し、ロシア産石炭の米ドル以外の決済は日常的なことになっている。

消息部の統計によると、ここ数週間、一部のインド鉄鋼工場とセメント生産者は人民元、香港ドル、ユーロ、UEAディルハムを使用してロシア産石炭を調達している。

インドの6月のロシア産石炭の米ドル以外の取引では、人民元は31%、香港ドルは28%、ユーロは25%、UAEディルハムは約16%を占めた。

(北京事務所 塚田 裕之)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ