コロンビア:La Guajira県El Cerrejon炭鉱の作業員たちがPetro政権税制改正に反対しデモ

掲載日:2022年10月27日

10月13日付の地元メディアによると、La Guajira県に位置するCerrejon炭鉱で働く作業員たちが、現在国会での審議が進められている税制改正に反対し、13日に抗議のためのデモ行進を行った。

このデモ行進は、早朝からAlbania市で始められた。これらの労働者は、この税制改正は、彼らの雇用と家計の収入をリスクに晒すとして反対しており、デモ行進の間、「税制改革は我々の仕事を奪う」と声を上げ、またプラカードには「採掘賛成、税制改正反対」と書かれていた。

また、税制改正により(企業が撤退し)La Guajira県がロイヤルティによる収入を受けなくなれば、県民の経済や生活が脅かされると、この反対運動への参加と団結を呼びかけている。

デモ行進に参加していたCerrejon労働者のOrieta Ortizは、この抗議運動は、同社の労働者及び下請け会社の同労者たちのイニシアティブによるものだ、と説明し、「鉱業セクターが持続しなくなれば、何十万人というコロンビア国民が決定的な影響を受ける」と述べた。

(リマ事務所 初谷 和則)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ