コロンビア:行政監督庁が環境省に対し、鉱業権授与に関する証明書についての規定を要請

掲載日:2023年1月19日

1月4日付の地元メディアによると、行政監督庁が、環境・持続的開発省に対し、戦略的なエコシステム保護のため、国内における新規の鉱業権申請に対し、環境認証手続きを規定するよう要請した。

この要請は2022年8月4日に国務院が発した命令に基づくものである。具体的には、鉱業権(石炭や金属資源等)申請に必要な、環境保護区との重複がないことを表す証明書を発行するためのガイドラインを、環境省は3か月以内に提示することが示された。

そして、環境セクター及び鉱業セクターの関係機関が、「鉱業権申請時に提出すべき上記証明書発行のための手順、調整メカニズム、期間を共同で定めるよう」指示した。

また、国家環境ライセンス庁(ANLA)、地方自治公社、都市の環境当局に対し、鉱業権申請と共に提出される証明書の信憑性を国家鉱業庁や鉱業局が検証できるよう必要な措置を講じるよう命じた。

環境問題担当のGustavo Guerrera行政監督官は、「鉱業が排除される地域のシステム化された管理を進め、保護地域で鉱業権が授与されるリスクを徹底的に排除できるようにすることが重要だ」と述べた。

(リマ事務所 初谷 和則)

おことわり:本レポートの内容は、必ずしも独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構としての見解を示すものではありません。正確な情報をお届けするよう最大限の努力を行ってはおりますが、本レポートの内容に誤りのある可能性もあります。本レポートに基づきとられた行動の帰結につき、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構及びレポート執筆者は何らの責めを負いかねます。なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、独立行政法人エネルギー・金属鉱物資源機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。

レポート一覧

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償配布されているAdobe Readerプラグインが必要です。

ページの先頭へ